enön style

エノンスタイル
愛媛でできる素敵な暮し方


ご飯の上におかずをのっけた「丼弁当」を作ろう!

ご飯の上におかずをのっけた「丼弁当」を作ろう!
毎日のお弁当作りに取り入れてみたい「丼弁当」。ご飯の上に作り置きしていたおかずなどをのっけるだけなので、手軽に時短で作れるというメリットも。また、おかずをドーンとのせたお弁当はボリューミーで食べるのも楽しみになりますよね。今回は、#enonstyleから丼弁当を4つご紹介します。

 
 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チキンカツ弁当

ごはんの上にどーんとのっけたチキンカツ弁当。メインを中央に盛り付けると、ボリューミーなお弁当になりますね。また、ご飯の上にそのまま揚げ物をのせず、しそなどを敷いておくと、油の染み込みによるご飯のべたつきを防ぐことができ、より一層おいしく味わえますよ。

2食丼弁当

甘辛く味付けした豚そぼろと、ふわふわ卵の2食丼は、ご飯との相性もぴったり。お弁当箱にご飯を敷き詰めたら、豚そぼろとたまごを分けて、隅々まで敷き詰めて盛り付けると◎。また、キッチンペーパーなどで水気を切って盛り付けると、ご飯のべたつきを防ぐことができ、よりおいしく食べられますよ。

プルコギ丼弁当

敷き詰めたご飯の上に、お肉とたっぷりの野菜を炒めて作るプルコギをのせたプルコギ丼。こってりした味付けは、ご飯に染み込んでも美味しいですよ。彩り豊かな野菜をちりばめることで、見た目も満足、野菜がたっぷり採れるのは嬉しいですよね。

親子丼弁当

鶏肉と玉ねぎを卵でふんわり包んだ親子丼。お弁当のすみずみまで詰まった丼弁当は、ボリュームがあって、食欲がそそられますよね。ほうれん草のおひたしなど、ちょっとした副菜で彩りをプラスするのも◎

いかがでしたでしょうか。見た目はもちろん、ご飯とおかずをおいしく食べられるよう、仕切りを使うなどの工夫をするのもおいしい丼弁当を作るポイントです。みなさんもいろんなおかずをのっけて、のっけ弁当を作ってみてください。そして、#enonstyleのタグを付けてご紹介くださいね。
The following two tabs change content below.
ゆりママん

ゆりママん

ブログ「ゆりママんのもぐもぐ*日和♡」で愛媛と香川のカフェ&パン屋めぐりを中心に日々更新。またインスタグラムでは約5000人のフォロワーを持つ人気ブロガー。2児のママでもある。
ページの先頭へ